鳩対策をするなら忌避剤を使おう~鳩が嫌いな臭い~

鳩にとって天敵となる動物の置物を使う~偽物だとバレないようにしよう~

鳩対策をするならこのアイテムを使え~忌避剤で追い払う~

鳩がベランダに居座り、巣を作ることを防止するためにも鳩対策が必要となります。鳩対策をするのであれば、忌避剤を使うと良いでしょう。ここでは鳩対策で有効的な忌避剤の紹介などをしていきます。

忌避剤ってなに?

忌避剤とは、対象の害虫や害獣が嫌う臭いや食べものを使い、近寄らないようにする薬剤のことをいいます。忌避剤はずっと昔から対策法をして使用されており、今現代でも忌避剤は積極的に使われています。鳩対策でも効果はあるので、使っていきましょう。

3つのタイプに分けられている

スプレータイプの忌避剤
忌避剤には様々なタイプがあります。その中でスプレータイプを知っている人は多いでしょう。というのも虫除けスプレーというものが市販でも多く出回っているからです。このスプレータイプの忌避剤は吹きかけるだけで即忌避効果が得られるので便利です。スプレータイプの忌避剤を鳩対策用のアイテムとして持つのであれば、ハーブなどの天然成分でできたものが安全で良いでしょう。
固形型タイプの忌避剤
固形タイプの忌避剤は、主に吊り下げて使うことが多いです。時にクローゼットの虫除け目的で使用する人もいるのではないでしょうか。また、窓にも害虫が入ってこないように吊り下げておけば高い効果を発揮します。鳩が嫌がる臭いのする固形タイプの忌避剤もあるので、鳩が近寄りやすいところへ設置しておきましょう。
ジェルタイプの忌避剤
ジェルタイプの忌避剤は、鳩対策に打ってつけのアイテムといえるでしょう。鳩は羽を休める時に大抵は、手すりに止まります。この手すりにジェルタイプの忌避剤を付けておくことで、鳩に嫌な思いをさせることができるのです。ジェルのベタつきや臭い、そして味が効果的に鳩に作用してくれます。

こんな時には効果が薄い

移動することなく住み続けている場合や卵がある、もしくは掃除をしても追いつかない程糞の量が多いという場合は、忌避剤では追い払えないことがあります。鳩が異常な程に執着心を持って居座っているためどうにもすることはできません。忌避剤が効かなくなった時は、鳩対策を行なう業者に依頼すると良いでしょう。適切な方法で対処してくれます。

TOPボタン